プーリ集合2(縮小版) プーリは、エンジンの動力を伝達するための機能部品として、自動車・農業機械等に使用されています。弊社は、昭和35年に回転成形法を開発して以来、高品質、軽量、低コストのプーリをお客様に提供することにより、日本市場においてはシェア40%を超えるまでに成長し、今日に至っております。そして、21世紀に入り、BRICsに代表される新興国の目覚ましい経済成長により、自動車産業も好調を維持しております。そんな中、弊社は1999年にタイへの進出を果たし、その後、中国、インドと、アジアの国々に生産拠点を置き、プーリを拡販することで、新興国の発展と共に業績を伸ばしてまいりました。

特徴

ボス部一体成形加工技術(国内外特許取得済)

SnapCrab_NoName_2014-11-4_15-55-34_No-00

弊社独自のプレス技術で、ボス部を鋼板から一体成形(部分増肉加工)します。

プーリ特徴1