開発・設計から生産まで一貫した体制で「高精度・高品質なものづくり」を実現します。

鋼板に関する「ものづくり」において、常に“頼れる技術パートナー”としてお客様と共に考えながら「高精度・高品質なものづくり」を実現してきた「カネミツ」。

いま私たちは、自動車エンジン用プーリのトップメーカーとして培った技術を、様々な分野の製品へと応用展開すべく着々と開発・生産体制を整えています。

研究開発

形状・精度はもちろん、金属組織などの材料特性を生かした工法を追及すると共に、製品機能やお客様での後工程までを見据えた研究開発を行い、そのプロセスに適した設備開発と自動化によりトータルコストの削減に努めています。また、開発の初期段階より役員及び関連部門が一体となり開発企画を練り上げることで「コンカレントエンジニアリング」を可能にし、お客様のニーズに迅速かつ丁寧にお応えしていきます。

 

技術設計

独自の技術ノウハウを持つカネミツでは、製品の精度向上と低コスト化を実現するため、金型及び「回転成形機」は全て自社開発しています。設計段階においても事前に検証できるCAEシステムにより、より精度の高いオペレーションを行っています。

 

試作開発

徹底したレビューと量産設備を想定した試作設備により品質の作り込みを行っています。そして、独自の「製品強度保障用ベンチ試験機(自社開発)」や「3次元測定機」など、お客様が求める製品機能をスピーディーかつ高精度で評価する体制を整えています。