ものづくりの始まりは「町の溶接屋さん」

当社の創業は、終戦から2年後の1947年(昭和22年)、まだ日本が連合国軍の占領下に置かれていた頃のこと。明石市東本町に工場を建て、パイプ・板金等の溶接を行う「合資会社金光銅工熔接所」を創設。戦後の復興を底辺で支える「町の溶接屋さん」として産声をあげました。
その時、先代社長(現会長)「金光之夫」はまだ15歳の少年。中学校に通う傍ら大好きな「ものづくり」の世界に心躍らせ、迷うことなくその道に飛び込み、翌年3月には中学を中退し正式に「金光銅熔接所」に入社しました。
その5年後(1952年)、前社長の死去に伴い20歳の若さで社長に就任。以来2009年まで57年間に渡り、常にOnly Oneのものづくりを目指す企業のトップとして「カネミツ」の成長と発展に尽力しながら、技術の道をまっすぐに歩きつづけました。

主な業績

1949年
大阪郵政局の区分かごを受注。(ジュラルミン本体にアルミを使用)
1952年
前田金属工業(株)のトネ印工具箱の製作開始
1955年
三菱重工業(株)京都製作所「かつら」工具箱及びジープと発動機の板金部品の製作開始

「回転成形法」開発のきっかけは「炭鉱救命具」

戦後日本の高度成長期を支えた炭鉱―しかし、炭鉱には炭塵爆発事故の可能性が常にあり、そこで働く人たちは日々いのちの危険と背中合わせ。そのため各炭鉱では事故が発生した際、真っ先に入坑し、人命救助や破損個所の処理に従事する「救護隊」が組織されていました。その「救護隊」の仕事に使われていたのが酸素ボンベなどを収納する背負型の「救命具」です。
当社は、1957年(昭和32年)、川崎航空機工業神戸製作所よりその製作を依頼され、扉部外周縁の加工に苦心惨憺の末、回転させながら加工するという考えに至り、保有していた工作機械を応用して「救命具」を完成することができました。
その経験が直接的なヒントとなって独自の「回転成形法」の開発に辿りつき、後にプーリを一枚の鋼板から一体成形する発想へと繋がり、「技術のカネミツ」と称される自動車用プーリの最大手企業に成長する礎になったのです。

主な業績

1960年
回転成形法によるVプーリ製造に着手、開発に成功
1962年
ヤマト消火器及び岩谷産業向け「ボンベ」製作開始
1964年
東洋工業(現・マツダ株式会社)の「ファミリア」用Vプーリを回転成形法により製作、納入開始

情報を鋭くキャッチ、他社に先駆け開発に着手。

「より多くのお客様に、カネミツ独自の技術で作り上げる優れた製品をお届けしたい」― その思いと自社技術への誇りを胸に、社長を中心として販路の拡大に精力的に動いた時期が、1967年から76年までの10年間です。
1968年、まず近隣の自動車メーカー「ダイハツ工業」との取引を目標に活発な営業活動を展開。しかし、社長以下営業が何度も足を運んだものの、なかなか色よい返事が得られず、ようやく47回目の訪問で図面を頂くことができ、プーリの製作を開始するに至りました。
また1975年には、「新しい形状のベルトが生まれ、急速に普及する」という情報を入手、他社に先駆けて「ポリVプーリ」の開発に着手、その後の成長の大きな糧となりました。

主な業績

1967年
久保田鉄工(現・株式会社クボタ)、三菱重工業、川崎航空機向けプーリ製作開始
1968年
ヤンマー農機、佐藤造機、井関農機向けプーリ製作開始
1969年
ダイハツ工業、日立製作所向けプーリ製作開始

企業存続の危機を、さらなる飛躍のバネにして。

1978年、現在の主流である「ポリVプーリ」の開発に成功した当社は、業界誌『プレス技術』(1979年8月号)に<自社開発“回転成形法”で急成長>と紹介されるなど、成長の波に乗ります。
1980年には三木工場の第一期工事が完了し、プーリの量産体制を確立。その2年後、鋼板製ポリVプーリが初めて「トヨタ」に採用されたことで、ポリVプーリは月産2万個(1983年)を突破、シェアを大きく拡大することができました。
しかし、時を同じくして、急成長に沸く「カネミツ」を待ち構えていたのは「トヨタソアラ用プーリ破損事故(現在で言うリコール)」という衝撃的な事態。
企業存続の危機とも言える大きな試練に直面した私たちでしたが、決して失意に沈むことなく迅速かつ全力でメーカー側と共に原因究明にあたり、的確な再発防止対策を講じました。それが契機となり現在の品質保証の基礎が築かれ、結果的に製品への信頼性の向上が図られ、プーリ専門メーカーとしての地位を高めることになりました。

主な業績

1981年
ポリVプーリの量産開始
1982年
ポリVプーリが「トヨタ」に初採用される
1983年
ポリVプーリ、月産20万個を突破

「町工場」から、グローバルに事業を展開する企業へ。

1982年、(現・社長)「金光俊明」入社、これまでの「町工場」的な企業経営及び旧態イメージから脱皮し、開かれた企業を目指して活動を開始。人材教育&会社改革にコンサルを投入、「5S」など現場改善活動にはじまり、KQ-UP活動(日々の仕事の見直しと質の向上をめざす活動)、QCサークル活動の導入、原価低減活動、ジョブチャレンジ制度導入、国際規格ISOの認証取得など、積極的に新しい手法を取り入れて事業体質を強化していきました。
また1998年に、社長・金光之夫が「鋼板製ポリVプーリ」の開発功績により科学技術庁長官賞を受賞、その翌年には中小企業庁「元気なものづくり中小企業300社」に選定されるなど、「技術のカネミツ」として世間から注目を集めるようになってきました。
そしてこの頃から、当社にも海外進出に対する機運が高まり、調査を開始。1999年、海外第1号としてタイに現地法人「KANEMITSU PULLEY CO.,LTD.(KPC)」を設立。
2006年、中国広東省に現地法人「佛山金光汽車零部件有限公司(FKC)」を設立し、研修生受け入れや外国人採用など人的交流も活発化する中、グローバルな事業展開を推進する企業へと成長を遂げたのです。

主な業績

1988年
リングプロジェクション溶接法により「ボス接合プーリ」を開発
1992年
「ボス一体プーリ」の開発に成功。三木工場のプーリ生産数1億個に達する
2001年
QS9000品質システム認証取得
2003年
ISO14001環境システム認証取得
2005年
カネミツプーリ塗装ライン立ち上げ。スプロケット量産化

独創技術で描く「ものづくり」の夢に向かって。

兵庫県明石市にある「町の溶接屋さん」から60余年の歳月を経て、自動車エンジン用プーリの世界最大手企業にまで成長を遂げた当社が、次代に向けて掲げた大きなテーマの一つが「新たな事業分野への挑戦」です。そのため、タイの「KANEMITSU THAILAND TECHNICAL CENTER(KTTC)」設置を皮切りに、2011年にはテーマ実現の中核となる「テクニカルセンター」を加西工場内に併設。さらに2014年、長崎市に産学共同の研究・開発施設として「リサーチセンター」を開設し、それぞれの緊密な連携をもとに機能強化を図りつつ、新商品開発へのチャレンジを果敢に推進しています。
また、拡大するアジアでの事業を支えるローカル技術スタッフを日本に招いて行っている研修の継続実施・強化をはじめ、すべての生産・開発拠点でグローバルに活躍できる技術者・管理者の養成制度を新設するなど、当社の次代を担う人材の育成にも注力。様々な変化の先にある未来を見据えて独自の知恵と技術を結集しながら、着々とフレッシュなパワーを蓄えています。
しかし、どんなに時代が変わっても「社会に役立つオンリーワンを作る」という創業以来の思いは不変―これからも、私たちが開発し培った技術の大きな可能性を信じて、「カネミツ」は全力でものづくりの夢を追い続けます。