当社は2017年1月に創業70周年を迎え、4月スタートの第7次中期経営計画(3カ年計画)とともに新しい一歩を踏み出しました。私はこの2017年をカネミツの次代を予感できる年にしていきたいと考えております。

当社は創業以来、「回転成形技術」という固有技術を武器に、自動車および農機エンジン用の鋼板製プーリのリーディングカンパニーとして成長してきました。

しかし現在の我々を取り巻く事業環境は大きく変わろうとしています。自動車の駆動方式が内燃機関から電気、電池に変革し、プーリに代わる新しい事業の柱を創出しなければなりません。第7次中期経営計画においては、次の3つの基本戦略のもと主力製品プーリに続く、新しい事業の柱となる次代商品の創出を最重要課題として取組んでまいります。

1.次代商品の開発と拡販
2.生産体制の再整備
3.経営基盤の強化

この変化をチャンスと捉え、新たな事業への挑戦を続けて、今まで以上に社会に必要とされる企業を目指し奮闘していきたいと思います。皆さまの変わらぬご支援をお願い申し上げます。

2017年5月

代表取締役社長 金光俊明