コーポレートガバナンスの基本的な考え方

当社は、「カネミツは技術を尊び技術でOnly-Oneを目指すカネミツはOnly-One技術で安全と環境に貢献する」の経営理念にもとづき、広く社会にとって有用な存在であり続けたいと考えています。そして、この経営理念の実践を通じ持続的に企業価値を高め、株主を含むすべてのステークホルダーとの信頼関係を築くことが重要と考えています。

こうした考えのもと経営の効率性の向上、健全性の維持、透明性の確保に努め、経営環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる体制を構築するとともに、経営の監督機能の強化や情報の適時開示に取組み、コーポレート・ガバナンスの充実化を図っていきます。

体制図

ガバナンスに関する機関は以下のとおり当社内に設置しております。

取締役会

経営上の重要事項決定機関である取締役会は取締役6名(うち2名は社外取締役)で構成し、法令及び定款に定められた事項並びに業務執行に関する重要な事項を報告・審議・決議します。

取締役会は原則として毎月1回開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催しています。

経営会議及び経営戦略会議

経営の意思決定の迅速化を図るため、重要事項については事前に経営会議を、経営戦略については経営戦略会議を開催しています。

任意の委員会設置について

報酬及び指名の独立性、客観性を確保するために取締役会の私的諮問機関として、カネミツでは指名委員会と報酬委員会を設けています。それぞれ社内取締役1名、社外取締役2名で構成し、社外取締役を3分の2以上確保することとしています。

指名委員会

指名委員会は、下記事項について当該候補者の経歴、人格、知見やその責務にふさわしい人物か否かを審議したうえで取締役会に助言・提言します。
・取締役、監査役の選任および解任に関する株主総会議案
・代表取締役社長および代表取締役の選定および解職

報酬委員会

取締役・執行役員の報酬および個人別報酬内容に係る事項を審議したうえで取締役会に報告します。

経営企画委員会

当社では、後継者候補育成機関として経営幹部候補生で構成される「経営企画委員会」を設置しています。同委員会では取締役会の諮問に応じ、経営的課題を検討しています。

コーポレートガバンスコード報告書

コーポレートガバナンス報告書は こちら からご確認下さい。